日常に活かす無意識コミュニケーション

大切なあの人のメンタルに成長の種をまく……
mentane-logo-buds.gif

| TOP | めんたねガイド | NLP | 型を守る |

更新日 2020-11-23 | 作成日 2007-10-16

NLPトレーナー、NLPを学んでいるみなさんへ

型を守る

NLPの良さというのはきっちりと定式化されたワークにあります。

「このワークをこの手順に沿って行えば、このような結果を出せる」

こういったマニュアル化されたカリキュラムはNLPの一番の売りです。

バンドラーとグリンダーは元来、複雑で多様であった心理療法技術を、
誰にでも効果的にすぐに結果を出せるように
「ワーク」という形に構造化しました。

実はこのNLPワーク、
日本古来から茶道・武道・芸術などで広く用いられている
「守破離」という概念を導入することによって
その学習プロセスがより明らかになります。

守破離の最初のステップは「守」です。
人がものを学ぶとき、最初は型から入ります。
「守」とは、師から与えられた型をきちんと守って
その通りに体を動かせるようにします。

NLPのワークとはまさに型です。
ワークを繰り返し練習する過程は「守」に当たります。
徹底した量稽古によって型を何百回、何千回と繰り返し続けると、
その過程で型の背後にある本質が見えてきます。

→次に進む

金:ワークショップ
話を聞く技術

わからないと思うための対話

質問を使い相手の話を正しく聞く
心理療法ベースの技術を学ぶ

ZOOM等を用いた参加型オンラインワークショップです。様々な対話ワークを通じて、相手から信頼され、相手の無意識とつながり、相手に対して大きな影響力を持つ方法を学べます。

金:ワークショップ詳細