日常に活かす無意識コミュニケーション

大切なあの人のメンタルに成長の種をまく……
mentane-logo-buds.gif

| TOP | 無意識コミュニケーションとは? | 催眠技術と無意識コミュニケーション |

更新日 2017-06-17 | 作成日 2007-10-16

#3 催眠技術と無意識コミュニケーション

抵抗回避をしつつ、自発性を引き出すコミュニケーション


めんたねの扱う「無意識コミュニケーション」とは、どのようなものなのでしょうか?

基本的には無意識に働きかけるための催眠技術をベースにしています。しかし、世間一般でイメージされているショー催眠のイメージと、無意識コミュニケーションでは、大きくその内容が違います。ショー催眠には、お座敷芸として、エンターテイメントとして、周りの人たちに面白い催眠反応を見せるという目的のために行われます。つまり、手品を披露するのと同じような意味合いです。

しかし、これだけでは、日常コミュニケーションにおいては、役立たせることはできません。日頃の会話の中で、「ではこのペンライトを見つめてください……そう。このペンライトを見つめているとあなたはだんだんねむ~くなる……」なんていう風にやり始めたら、気味悪がられておしまいです。あの人は変な人、怪しい人とレッテルを貼られて、かえって逆効果ですよね。

めんたねがあつかう無意識コミュニケーションは、
日常のコミュニケーションの中で、周りの人たちに変化を引き起こすことを目的としています。

したがって、いわゆる典型的な催眠誘導は、使いません。

その代わりに、一見、なんの変哲もない普通の会話をします。

ここがポイントですね。わざとらしくなく。さりげなく。

しかし、そのコミュニケーションの中には、催眠で使われる技術と同じ構造を持ち込みます。
そうやって、相手の無意識に対して、直接、働きかけるのです。

その結果、相手は抵抗することなくスムーズな変化を受け入れていきます。


めんたねでは、無意識への働きかけを主に以下のようなものとしてとらえて、説明しています。

  • 抵抗回避
    • 相手からの意識レベルでの心理的反発(抵抗)を避けるための様々な工夫を行う。そのために、無意識レベルに働きかけるような間接的アプローチを多用する。
  • 自発性
    • 相手はこちらの働きかけに反応したにもかかわらず、自発的に行動したと自分では思っている。そのような状態を作り出すように、コミュニケーションをコントロールしていく。
  • ペーシング&リーディング
    • ペーシングとは相手の歩調に合わせること。リーディングとは相手の中に積極的に変化を引き起こすこと。ペースをあわせて適切な関係を築き、適切なタイミングで躊躇なくリードする。この二つのバランスを常に考える。
  • 雪玉効果
    • まず最初に小さな変化を見つけたり作り出す。次にその変化を徐々に拡大していく。すると、相手からの抵抗を引き起こさずにスムーズに大きな変化を作り出していくことができる。
  • 利用
    • 相手に変化を引き起こし、プラスの方向へと導くために、相手が持っている能力や周りの環境など、あらゆる要素をフルに利用する。相手の抵抗すら利用していく。


様々な手法を駆使して、抵抗を回避し、相手を自発的に動かす。これが、めんたねのあつかう無意識コミュニケーションです。



以上で、めんたねを理解するための基本的なツアーは終了です!

さらに詳しいことに関しては、
当サイトの他のコンテンツや、
めんたねの各種イベント・講座などを活用することができます。



LinkIconさらに4つのキーワードについて知る(次へ進む)


→めんたねのイベント・ワークショップを知りたい!
→メンタルタネマキスト尾谷幸治のプロフィールを知りたい!
→めんたねスキルの実践例を知りたい!






めんたね入門
ワークショップ

2時間でわかる!

めんたねの講座参加がはじめての方はこちらから
初心者大歓迎!!

「無意識コミュニケーション」「SMマトリックス」等のめんたねのエッセンスだけを凝縮したおいしいとこどりのプログラムになっています。

入門ワークショップ詳細